良い日記

書き散らかす

『通天閣』西加奈子

 

コンビニ店員の中国人がめっちゃ好き。

 

 

「休みはあるのか、寝ているのかと、こちらが気にかけてしまうほど、毎日いる。」

 

最初の描写は典型的外国人労働者って感じなのに、肉まんを素手で掴みおでんの味を自分好みにしダンボールを蹴りつけて潰しと、やりたい放題だ。

 

 

舞台である新世界の住民にはわざわざ苦情をいれ改善を求める気力はないから、彼の牙城は崩れない。

 

 

 

 

 

夏に韓国に行ってたんだけど、そこで見た店員さんたちもすごく自由だった。

 

 

朝の10時ごろにサウナに行った。

一階で受付を済ませて二階にあがると、そこにはタオルを顔の上に乗せ眠るおばちゃん2人の姿があった。

 

 

 

友人とこれはどういうルールなのかと話していると、その声で起きたのか1人のおばちゃんが起き、「イロナイロナ!」と騒ぎ出した。

 

あとで友人から聞いたところによると、これは「起きて起きて!」という事らしい。

 

 

何事かと思っていると、奥に引っ込みスタッフらしい服を着て出てきた。

 

 

お客さんじゃなかったのか。

 

 

お客さんいなかったから寝てたんだね。

 

 

 

 

西加奈子の小説に話を戻す。

 

 

ただ時間を過ごすことを目的として日々を過ごしてしまうことってみんなあるかな。

 

私はある。

 

 

勉強にも、サークルにも、バイトにも、遊びにも、趣味にさえあんまり情熱を注げない時期。

 

 

ベッドから身体を引きづり出して、なんとなく入ってる予定を消化する時期。

 

 

この時期はなんか、後から思うとめっちゃ勿体ない時間の使い方をしちゃうんだけど無理なんだよね。

 

 

 

スマホを触ってるのでも、普段はdマガジンで雑誌読んだりKindleで無料の本漁ったりZOZOTOWNで物欲を燃やしたり、あとはこのブログとか書いたりしてある程度は生産的に過ごせる。

 

でもなんかLINEとInstagramTwitterの巡回しかできなくなるんだよね、スライム握りつぶす動画と石鹸切り刻む動画をもうどれだけ無為にみたか。

 

 

その感覚を極限化したみたいな人の話。

 

いま書いていこうとして、これより最近読んだ森絵都の『この女』と情景がごっちゃになってることに気づいた。気をつけよう。

 

 

 

ただ1日を消費し続けて罰のような時間を耐え抜く。

意識的か無意識的かは問わず、そういう人間はある程度いると思う。

 

 

私は一時的にそうなるから、勿体ないなと思うけど、常にそうならそれはそれで、期待値が低いからこそ安定した精神で日々を過ごせる。

 

 

そんな日々の中で救いを待ったり他人に依存しまうと、低いところでの安定のなかに不安が生まれるからこれは本当に辛い。

 

 

安定したいな。

 

 

2018.10.03 13:54