良い日記

書き散らかす

『号泣する準備はできていた』江國香織

 

読み終わってなんだか不安な気分になった。

 

 

この本を通して不安になっていったんじゃなくて、短編集だから最後の一編で不安になったんだと思う。

 

 

 

最後の話は、不倫の末に男が離婚したからやっと一緒になれるけど、離婚したのはただ離婚したかったからって話だった。

 

不倫相手と一緒になりたかったから別れたんじゃなくて、別れた後にじゃあ君にしようかなって感じ。

 

 

 

本当になんだそれって感じだし悲しい。

それにお前のことは好きだけど、わざわざ離婚するほど入れ込んでるわけではないよって釘を刺されたみたいで、ずるい。

 

 

 

女王蜂に「あなたは優しく狡く悪い人」って歌詞があるけど、本当にそれが1番強いなって思った。

 

 

 

優しい人には2種類あって、無抵抗だから優しく見える人と、本当に優しい人がいるんだといままで思ってた。

でも後者だと思ってた人には、頭がいいから優しくできるけど本当は優しくない人が入ってた気がする。

 

 

 

優しくありたいし優しくされたいけど、難しいね。

 

 

2018.07.01 15:25