良い日記

書き散らかす

『ファザーファッカー』内田春菊

 

いまとっくにぬるくなった湯船で、たぶん32度くらいなのかな、この本を読み終わった。

 

 

胸糞系の小説であるが、なんだか最後の部分が弱い気がした。

虐待を受けていた主人公の少女がそんな家に居続ける必要がないことにふと気付き出て行く、それだけだ。

 

 

虐待を加えていた父、またそれを許していた母の描写がないのはまだ理解できる。

しかし物語中で一貫して中途半端な描かれ方をしており、それゆえ無意識になにかあるんだろうなと思っていた妹についてもなにもなかった。

 

 

そのことが特に不満なわけではない。酷い父親は悪として描かれる一方での母に対する少女の複雑な、しかし物語が進むにつれ確実に下がってゆく評価は親に対する幻想がなくなってゆく過程をよく表していると思う。

 

 

ただなんとなく違和感があるなと思っただけ。

 

 

親に対する幻想が消えていくことが、大人になっていくことだと思う。

小学校の終わり頃に父に、中学校の中ごろに母に対して過剰な期待を失って以来、私と家族の関係、少なくとも私の居心地は良くなった。

親を1人のめちゃくちゃに親切な他人だと考えると、全てに納得がいった。

 

 

産んだというだけでほんとによくこんなに面倒を見てくれるものだとしみじみ思う。

もうすぐ母の日だし花でも送ろうかな。

 

 

1週間ほど前かな、ブックオフで100円の文庫をいっぱい買った時に、筆者名に惹かれて読み始めた内村春菊。

 

 

そのときは代表作らしい『キオミ』を買い読んだ。なんとなく惹かれて読む本には当たりが多い。好きな作家が増えたのが嬉しい。

 

 

もう朝なのでとりあえずこれだけ。

 

 

2018.4.18 5:55