良い日記

書き散らかす

2018-08-10から1日間の記事一覧

『窓の魚』西加奈子

数日間のいい夏休みを過ごしたあとの空白の1日。 正しくは、やるべきことを放棄した1日。 本を読むつもりだったけど、16時まで寝てた。 無駄な1日を過ごしちゃったなとも思うけど、だらだらもしないといけないからさ。いい1日だね。 なんとなく本を開いて、…

『哲学を着て、まちを歩こう ファッション考現学』鷲田清一

外は35度に達している夏の正午過ぎ。 26度の空調の中で熱い紅茶を飲み、大学をサボって私のベッドで昼寝をする半裸の人を眺めながらこの本を読んでいた。 鷲田清一の本で、『モードの迷宮』という本がある。 それを読もうかなと思いジュンク堂の棚の前に来て…

『もういちど生まれる』朝井リョウ

冷たくした部屋で布団をかぶって、背後で汗ばむ気配を感じながら読み終わった。 世の中に美しいものはそんなになくて、たまにそれを見ると世界からの肯定を感じる。 午後6時前に滝川記念の横を通ったとき、日差しの角度がとても綺麗で、教会の鐘が鳴った。 …