良い日記

書き散らかす

『独白するユニバーサル横メルカトル』平山夢明

 

 

 

 

この作品はだいぶ昔に読んでて、今も好きだし最近も一部読み返した。でもなぜ今になって前に読んだ本を書くかっていうと、『DINER』が公開されたから。

 

前から読んでたよって言いたいんです。

 

 

 

私が平山夢明を知ったのはこのミス(このミステリーがすごい!の、今調べたら2007年度ですね)に載ってたからだから、そんな古参ぶれることもないんだけど。

 

 

 

 

これを読んだ小学生時代には、作家について調べるってことをしてなかったから平山夢明に対して「こんな作風だし図書館に二冊しかないし超マイナー作家だろうな〜」と思ってて、そのイメージが今でも残ってた。

 

 

だから主演が藤原竜也の演出は蜷川実花、バンバン広告打って全国配給ってそんなのヘルタースケルターじゃんって。びっくりした。

  

 

 

平山夢明小林泰三江戸川乱歩と並んで好きな猟奇系というかホラー系作家の1人だ。

 

 

ジャック・ケッチャムも一時期好きだったけど読まなくなった。たぶん読んでてあまりにしんどくなるから。

 

 

この作品は短編集なんだけど、『Ωの晩餐』と『オペラントの肖像』が特に良かったかな。あと今ぱらっと『卵男』を読み返してゆで卵が食べたくなったので食べました。

 

 

特筆してこのシーンがいい!とか、設定もSFとしてはよくある感じのものが多いからこの設定が熱い!みたいなのはない。だけどちょうどいい長さでちょうどいい感じにSFっぽくてちょうどいい感じに描写がエグい。質はちょうどいいじゃなくてとってもいい、良くできてる作品ばかり。めっちゃ褒めるね。

 

 

 

なんとなくホラーとか書く人って他のジャンルと比べて、文体というか読んでて感じる文章の雰囲気があんまり作品によって変わらないような気がする。

 

 

 

でも平山夢明は結構変わる感じがして、この短編集の中でも『無垢の祈り』と『ニコチンと少年』はちょっと似てるけど、その2つと『卵男』と『Ωの晩餐』(この2つもちょっと似てる)は大分雰囲気が違う。

 

 

 

 

それがいいって訳でも悪いって訳でもなくて、ただ雰囲気変わるなーってだけなんだけど。

 

 

『DINER』の方はね、食べ物の描写と表紙のハンバーガーがめっちゃ美味しそうだったことくらいしか覚えてないんだよね。今手元にないし。

 

 

CMでこのスフレを食べるために生きてるみたいなこと言ってるけど、スフレに関しては本当に出てきた記憶すらない。

 

 

最近友達とも話してたことだけど、本読んだり勉強しても全部忘れるから本当に意味ないよねって思う。

 

その友達もいっぱい本読む子だから、読書や読書する人への悪口ではなくて、本当にただ全部忘れるから意味とかはもう求めない方がいいんじゃないかって。

それだけのことなんだけど。

 

 

日記とかメモとか、こうやってブログに書くことで多少は忘れないようになるかもしれない。

でもよく考えてみたら別にどうしても忘れたくない訳でもないんだよね。

 

 

本読んでこの本面白かったなーとか、勉強してこの人の主張面白いなーとか、こういう反論もできるんじゃないかなーとか、考えること自体が楽しかったり価値があるからやってるのかなと思う。

 

 

人と話すときに最近こんな本を読んだとか、こういうことを考えてるとか言えた方が楽しいから直近のことくらいは覚えていたいけど。

 

でもそれでいうと、前に読んだ本とか考えてたこともちゃんと覚えておいて、比べられたり順序立てられたりする方が楽しいな。

 

 

 

やっぱり覚えていた方が良さそうですね。このブログももうタイトルだけ記録していくくらいの使い方でバンバン書いていこうとはずっと思ってるんですが。

 

 

 

なんだかここ最近、自分を外に発信していくことに若干の抵抗がある。

 

 

 

直接の会話やLINEではそんなことはないんだけど、Twitterやブログやあとインスタのストーリーにためらいがある。

 

なんでなのかここのところ考えてたんだけど、自分は常に間違っているだろうなと思って(しまって)いることが大きいと思う。

 

 

前までも自分がいつも正しいとは思っていなかったけど、正解に近いものを出しているんじゃないかなとは思いながら暮らしていた気がする。

そう思わないとやってられないし。

 

 

そう思わないとやってられないなら今はやってられないな。

論理的にはそうだけど、でも今が特にやってられないかというとそうでもなくて、就活全く頑張れてないってことを除けば当社比では楽しく暮らしてる寄りの毎日。

 

 

ただ自分は常に間違っているだろう感だけはなんかあって、だから公開されるものにちょっと抵抗はある。

 

 

正しくあらねばならないみたいな思想は薄めの人間だとは思ってたんだけどな。

 

 

間違ってる感があるのはより良くしようみたいな気持ちに繋がる気もするけど、焦燥感はちょっとストレスだから、早めになんとかしたい。

 

 

 

そういうのに詳しい人いたら教えてください。自分が常に間違ってるだろうって感覚に詳しい人なんているのかはわからないけど。

 

2019.07.30 22:17