良い日記

書き散らかす

『ハーモニー』伊藤計劃

 

 

ついさっき同じ学部の全く話したことのない子のTweetで今日が伊藤計劃没後10年なのを知った。

 

 

だからなんだって話だし別に悲しいとかじゃないけど、へえーって。

 

 

例えば私の好きな作家で、誰でもいいんだけど山田詠美とかが没後10年って言われても意味は感じない。

 

 

でも伊藤計劃は夭折で死ぬ間際までこの作品書いてたみたいなエピソードがある作家だから、作家本人の死になんとなく意味があるのかな。

 

 

虐殺器官』がおどろおどろしい名前のわりになんか人文系よりなSFで、めーっちゃ面白かったから『ハーモニー』も読んでみた。

 

 

こっちも悪くないというか普通に面白かったけど、『虐殺器官』のほうがそこそこの差をつけて面白かったな。

 

 

 

だからたぶんこっちはブログにも書いてなかったのかな。

面白かったら書くわけでもなくて書きたかったら書いてるだけだからわからないけど。

 

 

本当は全部書きたいんだけどね。読んだ本の内容どころかタイトルも読んだそばからほぼ忘れるから。

 

 

前は小さめのノートにタイトルと作者と読んだ日と3行くらいの感想を書いてたんだけど、それはほとんど全部書いてたからそっちの方がいいのかも。

 

 

いまはたぶん3割も書いてない、つまり7割は読んだかどうかすら忘れる。

 

 

ブクログとかも一瞬やってみてたんだけどね、いま見てみたら5冊しか登録してないや。

 

 

今回は舞台が人口が減っちゃったから人が1番の資源で相互監視の健康重視社会だった。

 

砂漠で酒とタバコを法の目を潜りまくって入手するシーンがあった。

 

言われ尽くしてることだけど、酒とタバコおっけーなの奇跡だよね。

 

 

2019.03.20 22:37