良い日記

書き散らかす

『御不浄バトル』羽田圭介

 

 

羽田圭介が好きだ。

 

 

 

作品も好きだが、顔がすごく良い。

 

 

 

でもこの本はあんまりだった。

古市憲寿の解説はよかった。

 

 

通勤途中にある綺麗なトイレの争奪戦や、排便や便所飯の描写は面白かった。

 

けどそれ以外のところ、恋人も会社もダッチワイフも、なんとなく入れといた感があった。

 

 

 

短編がよかったんじゃないかな。

 

 

無理にトイレ以外の世界を広げないほうがよかったかも。

 

 

『黒冷水』と『スクラップ・アンド・ビルド』はすごく好きなので、みんな気が向いたら読んでみてね。

 

2019.3.05 17:29