良い日記

書き散らかす

『1984』ジョージ・オーウェル

 

 

大橋先生が講義中に無数に挟んでくる、「君たちいま僕が言ったことわかるよね?」みたいな小ネタにビッグブラザーの名前が出てきた。

 

 

そういえば初夏くらいの時期に読んだけど、書いてなかったなって。

 

 

他の記事でも書いたかもしれないけど、名作とされてる作品って読んだ直後は期待が大きすぎて、そんなに評価されるほどは面白くないなって思ってしまう。

 

 

でもなんか記憶に残る要素っていうか、生きててああこれかってなるよね。

電気羊のシンパシーボックスがじわじわ度は今のところ1番なんだけど。

 

 

作中でよく出てくる「ビッグブラザーはあなたを見ている」って標語がある。

 

 

 

ビッグブラザーっていうのが、毛沢東レーニンヒトラーなんだけど、この見られてる感っていうのは支配被支配関係にすごく関わってくる。

 

 

これは確かにね〜すごいね〜と思ってた。

 

 

でもこの前宮下先生の美術史学の講義で社会主義芸術の話によると、この見られてる感での支配はよくあることらしい。

 

 

スターリンなんかも自分の写真ばしばし飾って、なんか各家庭に1枚配って1番いい場所に飾るのが義務だったらしいし。

 

 

 

毛沢東とかもめちゃ大きいの飾ってるよね天安門とかに。

 

 

 

聞いたときちょっとジョージオーウェルすごいなと思ったけど、冷静に考えたら1984が後だね。

 

 

 

良いフィクション書くにはいろんな知識が要るんだね〜。

 

 

2018.12.27 23:54