良い日記

書き散らかす

『虐殺器官』伊藤計劃

 

 

これはね、読んだらいいと思う。

 

 

 

すごいね〜!面白いね〜!賢いね〜!ってなる。

 

 

 

ハーモニーも絶対読む。

 

 

 

 

めっちゃよかったですね。これは本当に。

 

 

 

SFって全然嫌いな訳ではないんだけど、そこまで好んで読んでこなかったけど、いいものだね。

 

 

平山夢明とか小林泰三は好きだけど、あの辺はSFには入るのかな。

 

 

 

この作品はなんか説明の尤もらしさがものすごい。

 

 

確かにそうよね、脳の特定の部分をマスキングしてね、痛みを知覚できるけど感覚はしない状態にね、うんうんできるよね、って思っちゃう。

 

 

科学のもう少し発展した世界を描くジャンルだから、尤もらしさを出すのが上手いのはもう1番なんだと思う。

 

 

梓崎優が私すごく好きなんですけど、その感じもあったね。

 

 

理解はできるけど共感はできない価値観。

 

 

梓崎優そろそろ新作出してないかな。後で調べてみます。

 

 

 

1個前の記事で書いたけど、いまめっちゃ文字通り積み本がいっぱいあるのに。

読みたい本増えちゃうじゃん。

 

 

この本はなんで読みたくなったかっていうと、2ちゃんねるのお前らのおすすめ本教えろみたいなスレで絶対名前があがってたから。

 

 

 

だから読み始めてすぐは

「ふんふんめっちゃ強い特殊部隊だけどナイーブで文学青年な僕ねラノベじゃん?」

みたいな、おすすめに従って読んどいてなんやねんお前って態度で読んでた。

 

 

 

推されるものにはそれだけの理由があるね。

 

 

 

2ちゃんねるをもう少し信用します。

そういえばなんか一瞬5ちゃんねるになったけど戻ったよね、なんだったんだろう。

 

 

いろんなことを知っていくのは大事なことだね。

 

 

2018.10.05 02:57