良い日記

書き散らかす

『窓の魚』西加奈子

 

数日間のいい夏休みを過ごしたあとの空白の1日。

 

 

正しくは、やるべきことを放棄した1日。

 

 

本を読むつもりだったけど、16時まで寝てた。

 

無駄な1日を過ごしちゃったなとも思うけど、だらだらもしないといけないからさ。いい1日だね。

 

 

なんとなく本を開いて、収録されてる4編のうちの1つ目だけ読んで、なんか暗い気持ちになっちゃった。

だからあとはサイゼリヤに行って読んだ。

 

 

サイゼリヤはいいね。場所的にあんまり知り合いこないし。ごはん安いし。雰囲気が明るいし。

 

 

さっき書いた『もういちど生まれる』とは、読後感も読んでる感じも真逆。陰気だしなんとなく憂鬱な感じだしそもそも画が暗い。

そこが雰囲気があっていいところだから、だめって言ってる訳では全くないけどただ暗い。

 

 

 

読んでて一番思ったのが、誰かに知らない間に薬を盛られてたらいいなってこと。

 

本当にされたら全然良くないけど、フィクションでされるとすごく綺麗にみえる。

 

 

この小説の雰囲気を作ってる1つの要素だと思うんだけど、作中で言った重要なセリフが相手には聞こえていなくて、伝わっていると思っていることが伝わってない場面がよくある。

 

相手は聞き返すのが面倒で適当に流していたり、そもそも発言に気づいていなかったり。

 

 

ままならなさ

 

 

2018.08.10 05:34