良い日記

書き散らかす

『もういちど生まれる』朝井リョウ

 

冷たくした部屋で布団をかぶって、背後で汗ばむ気配を感じながら読み終わった。

 

 

 

世の中に美しいものはそんなになくて、たまにそれを見ると世界からの肯定を感じる。

 

 

午後6時前に滝川記念の横を通ったとき、日差しの角度がとても綺麗で、教会の鐘が鳴った。

この風景は私のことが好きなんだろうなと思った。

 

 

そういうときに天地有情は本当だと思う。

 

 

 

 

輝きは文章の中にしかない。

しかないは嘘だな、言いたかっただけ。大抵人は文章を読むとき、その風景というか画を思い浮かべながら読む。その時の画っていうのは自分のなかでの、想像できるなかでの最高のものだと思う。

 

だから文章は美しく感じるものが創られ易い表現なんじゃないかな。

 

 

朝井リョウの小説読むと、小説書くのって本当に大変なんだろうなって思う。

 

自分のなかの、かっこつけて人から好かれたくてすごいと思われたくて、外に出していない感情や思考が作品内で読んでて嫌になってくるくらいしっかり描かれてる。

 

 

でもそれだけじゃなくて、それぞれが救われるわけではないのに、読後感が光を見たような気持ちになる。

 

 

朝井リョウは青春作家みたいなイメージを持ちがちだけど、結構鬱作品ばっかでうけるね。

 

 

2018.08.10 04:45