良い日記

書き散らかす

『食味歳時記』獅子文六

 

 

私が高校時代まで過ごした松阪の駅前は、シャッター街というほどではないが、景気が良さそうなのはチェーン居酒屋だけのよくある田舎の町だ。

 

 

ここ3年ほどは、若い人がおしゃれコーヒースタンドやバルやジェラート屋やらをやっていたりもする。

 

でもそれはごく一部だし、そんなに流行ってもいない、そんな町だ。

 

 

そんな駅前の、私の通っていた予備校のすぐ隣に、30代半ばの店主の個人書店が5.6年前にできた。

 

 

文化の乏しい田舎には書店といえば、広大な駐車場を持つ平屋建て大型書店か、ショッピングモール内の書店か、ブックオフしかない。

 

 

古くからの商店街の書店といった風情のものもあるにはあるが、テナント料を払う必要がないゆえ赤字ではないから、なんとなく続けているというような老いたものだ。

 

 

そんななかでその書店は、文化を、あるいは文化的なものを愛する少女であった私の目には魅力的に映った。

 

 

経営を応援したい一心で、少ない小遣いから買うと決めた本はその書店でばかり買っていた。

 

 

 

先日帰省した際、駅で少し時間を潰したかったときに、ふと思い出してその書店に行ってみた。

 

 

店主は相変わらず、物静かで丁寧で、商店街から渡されたのであろう松阪木綿のトレーを会計に使っていた。

 

へんにおしゃれぶらず、商店街にちゃんと馴染もうとしてるの本当に偉い。

 

 

 

そのとき特に買おうと思っていた本はなかったが、獅子文六のエッセイが置いてあったので買ってみた。

 

 

 

以前古本屋で推されていたので読んでみた『コーヒーと恋愛』がこの作者のものだった。

 

可愛らしい文体に軽やかな展開がものすごくお洒落で、それ以来この人の作品はもっと読みたいなと思ってたから、ちょうどよかった。

 

 

 

獅子文六は明治から大正くらいのひとだから、作中で昔は美味しかったが最近は全く味が落ちてしまってだめだとよく言うのが、なんとなくおもしろい。

 

 

 

作家だけあって、接待や付き合いでしょっちゅう料亭や旅館で高級で美味しいご飯を食べてお酒を飲む。

 

そしてたいてい東京かなも知らない旅先の田舎にいる。

 

だから、私の知らない世界にこんな食生活があったのか、美味しそうだなっていうあやふやな想像で読み進めてた。

 

 

 

でも後半に差し掛かったあたりに、「神戸と私」という一編があった。

 

そのなかにはフロインドリーブやユーハイム、凮月堂という馴染みのある名前がだされ、また初めてのデートで行ったハナワグリルも、作者が神戸で訪れた店として紹介されていた。

 

 

 

現実感のない、昔の好事家のエッセイとして読み終わろうとしてしまっていたが、この一編で現実の日本にあった食文化として受け入れることができた。

 

 

神戸に暮らしててよかったな。

 

 

三重で暮らしてるままだったら、この本を読むことがあっても、読み取れるものが大分違っただろうと思う。

 

 

東京に暮らすようになったら、もっとわかるのだろうか。

 

 

2018.07.01 16:58