良い日記

書き散らかす

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』江國香織

 

 

中学のころ、山田詠美が好きな男の子と付き合いたいと思っていた。

 

 

田舎の公立中学校にはそんな人は居なくて、もしかしたら居たのかもしれないけど知らなくて、居たとしても私と付き合ってくれたかどうかはわからないけど、そう思ってた。

 

おしゃれに恋愛をしてくれそうだなと思っていた、今思えば相手に頼りすぎだ。

 

 

 

専修に分かれてから授業前にお話ししてくれる人がめっきり減ってしまった私と、哲学専修の授業で唯一お話ししてくれる子がいる。

 

 

その子が最近は江國香織ばかり読んでると言っていたので、読んでみた。

 

 

作家って、全く私小説というわけではなくても作品に自分を、生活を反映してしまうと思う。

 

 

自分自身と近いからか、とりわけ女性作家の作品を読むと、なんとなく作者像をその小説から作ってしまう。

 

 

 

江國香織は、あまりその像が描けなかった。

 

 

 

ほとんどの作品からは作者の、あるいは作者の若い頃の自由な生活が、奔放な生活が、退廃的な生活が、静謐な生活が、浮き上がってくる。

 

 

これは恥じらいなのか。これは単に作品を作るということに対しての心情の違いなのか。

 

 

わからないけど、ある種の押し付けがましさがこの人にはなくて好感を持った。

 

 

軽やかに雑じゃなく。

 

 

 

2018.06.28 23:28