良い日記

書き散らかす

『うれしい悲鳴をあげてくれ』いしわたり淳治

 

 

帯に惹かれて買ったんだけど、やっぱ帯が良い本は面白いね。

出版社に推されるだけある。

 

 

 

この帯がなんかコピーがめっちゃいいってわけじゃないんだけど、手書き風でいい感じ。

 

 

おしゃれ手書き風じゃなくて、本が好きなだけで特にセンスがあるわけじゃない普通の人が頑張って書いた手書き風なんだよね。

 

 

こういうの得意じゃないからって黒で文章だけ書くんじゃなくてさ。

ちゃんと色を使ったりおっきく書いたり縁取ったりしてがんばってポップを描いてるんだけど、そんなおしゃれにはできない、みたいな。

 

もちろんそれを狙ってやってるわけだから、この帯作った人はすごいな。

 

 

 

この本はショートショートとエッセイが集められてるんだけど、その中で密室のコマーシャリズムって短編について。

 

 

ショートショート自体はステルスマーケティングみたいなものについてのお話なんだけど、そこから得られる教訓、みたいなのをお話の最後に直接的に書いちゃってるんだよね。

 

 

それは違うでしょう。そういうSF的なショートショートとかの醍醐味は、その教訓的なのを直接は述べられなくても読み取って、ニヤニヤすることでしょ。

 

 

ショートショートに限らず、いい小説には直接は述べられない教訓みたいなのを含むものが多いと思う。もちろんそんなのがなくても面白い作品もいっぱいあるけど。

 

 

言っちゃだめってことはないけど、言っちゃうのはおしゃれじゃない気がする。

 

 

 

そういうことわかってて、あえて直接言っちゃったのかもしれないけど、あえてそうする理由はわかんなかった。

 

 

そこが気になっただけで、ショートショートはしっかり面白いし、エッセイも脱力おしゃれですごく良くはあったのでおすすめではあります。

 

 

 

 

 

とここまでを、この本の9割がたを読んだ時点で書いちゃったんだけど、あとがきを読んでここまでの文章は全くお門違いってことがわかった。

 

 

この文章は雑誌に連載してたエッセイを集めてて、全部エッセイとして書かれたものだったそうだ。だから小説風に書いてる文章たちは全部、いしわたり淳治が急に例え話作り話を始めて、その心をいってうふふってなってる感じなんだろう。

 

 

雑誌連載を集めて本にしてるから私みたいに無粋な感想を抱く人も出ちゃったんだね。媒体のせいにしていこ。

 

 

2018.06.27 00:33