良い日記

書き散らかす

『蝶々の纏足・風葬の教室』

 

 

女性作家って賢い小さい女の子描くのほんとうまいよね。

 

 

ちょっと主語が大きかったな。

山田詠美ってほんとに賢い小さい女の子描くのうまいよね。

 

 

この本には2つのお話が入ってて、そのどっちもに1番主要な登場人物として美しい少女がでてくる。

 

 

でもそのそれぞれの美しい少女の子供時代の過ごし方が全く違う。

 

 

美しく生まれたかったなと思うことはよくあるけど、それはそれでやっぱり大変なんだなって思った。

 

 

普通の範囲を超えて美しいと良いものも悪いものも刺激が多いだろう。

普通の容姿がいいか美しい容姿がいいかはその人の性格に寄るのかな。

 

 

私は1番理想は、7割くらいの人からは可愛い3割くらいからは普通くらいじゃない?って思われるくらいの容姿が良かった。

 

今考えたけどこれくらいがほんとに幸福度高そう。

 

 

 

長期的な幸福度があがる唯一の方法は整形だって何かの番組で見た気がするな。

 

 

2018.06.18 18:38