良い日記

書き散らかす

『Sex and the City』HBO

 

ほーんとにこういうドラマが見たかったんよ!って感じのドラマ。めちゃ良い。

 

 

 

何年か前に映画SATC(略称らしいですかっこいいね)は観たことあって、でもそれはそこまで面白いとは思わなかった気がする。

 

基本みんなドラマ観てる前提で始まってて、登場人物の毎度お馴染みの感が全くわからなかったからかな。

 

 

 

今回ドラマの方を観てみて、私の海外ドラマはめちゃ長いってイメージはなんだったんだろうなって思った。昨日の夜と今日の夜の、彼氏がバイト行っちゃってる間くらいで観れた。

 

 

SATCは題名のとおりSexとthe Cityであるマンハッタンがメインで描かれるけど、見終わって1番思ったことは友達ほしいなってこと。

 

 

ミランダサマンサシャーロットみたいにいろんな男とガンガンに遊んでる友達となんでもかんでも全部報告しあって、全部把握しあって笑いあってるの最高に楽しそう。

 

スタンフォードみたいな人も近くに居たらな。

 

 

妊娠した旧友のお祝いに郊外に行くシーンや、作中で何かにつけてニューヨークでは〜を枕言葉に話すのを観て、アメリカ人のニューヨーカーへの憧れとニューヨーカーであるということの自負は日本のそれよりも強い程度であるんだなと思った。

 

 

観てたらなんとなく生きる意欲湧いてくる。これが資本主義の力かな。

 

 

 

 

ここまで書いてきてめっちゃ陳腐な感想になってるなと思って、なんでか考えてみたけど、たぶんこれは仕方ないことなんだだと思う。

 

それはこの作品自体がめちゃくちゃ陳腐っていうか、後続の作品がこの作品の要素を取り入れて、そっちを先に観てるから陳腐と感じるタイプの陳腐さだから。

 

うーん上手く言えなかった。陳腐っていう言葉はおかしいか、スタンダードを作った的なことを言いたかったんだけど。

 

 

とりあえずめっちゃ面白かったです。

私が生まれた頃に作られた作品がまだこんなに、古きを知る意味じゃなく面白いのすごい。

 

本当にみんな暇だったら観るといいよ。

暇じゃなくても英語の勉強ってことにして観るといいよ。

 

 

私もそれで観たんだけどAmazonプライムに最近入ったみたいだから。

 

 

2018.4.30 20:32