良い日記

書き散らかす

タピオカと誠実さ

 

 

夕方ごろに昨日tweetした六甲道商店街の新しいタピオカ屋さんに行ってみたよっ。

 

 

 

めっちゃお腹すいてたから、ジャスミンミルクティーのミルクフォームありって重めのやつの、しかもLサイズを飲んだ。

 

 

 

タピオカ久しぶりだしちょっと高くなるけど盛っちゃおって気持ちだったけど、タピオカトッピングも別料金で710円になって泣いちゃった。

 

 

でもお酒2杯飲むより断然美味しいし幸せな気持ちになるから全く問題ない最高。

 

 

 

昨日見つけたのがちょうど飲み会前だったから、商店街にタピオカ屋さんできてたよ知ってた?って話をした。

 

 

 

そしたら、出たタピオカ笑みたいな反応されて、あっインターネットの人たちって実在するんだって思った。

 

 

どこかで(主にTwitterで)見たことあるような言説をそのまま音声で聞けた。

 

 

「バエのために超高カロリー超低原価のタピオカに行列する奴ら笑」みたいな、いま文字にしてても嫌だなと思うような態度が実在するんだね。

 

 

私はタピオカ大好きだけど、例えばラーメンも大好きでこの辺で美味しいって聞く店は全部くらい行ってるし、京都くらいまでならわざわざ食べに行ったりもする。

 

なんでいまラーメンの話をしたかって言うと、"美味しいから食べる"のはタピオカでもラーメンでも全く変わらないんだよってこと。

 

 

タピオカ屋さんじゃなくてラーメン屋さんなら、「そうそう知ってる〜!まだ行ってないんだよね〜!友達は行ってたけど美味しいって言ってた!今度行こうよ〜!」って、タピオカに対する女子のように言える君たちじゃないか。

 

 

自分の知らないことに対する態度が攻撃である人間をタピオカブームは顕在化させる。

そういうことかもしれないなと思った。

 

 

 

それは好奇心や、世界の広がりの欠如でしょう。もっと言うと、未知への不寛容は理性的な態度ではないでしょう。もちろん常にその態度をとってしまう訳ではないと思うけど、その態度を取ることは自分にとっても益のないことだって認識は必要だと思う。

 

 

 

タピオカが嫌いなことそれ自体に対して何か言いたい訳じゃない。

むしろ人の嫌いな食べ物を聞くのはめちゃくちゃ好き。嫌いな食べ物はみんなちゃんと説明できるような理由があって明確に嫌いだし、本当に嫌そうに話してくれてめっちゃ面白いから。

 

 

 

そういう話とは違って、この場合は実際君たちはタピオカを飲んだことがないんだし、知らないのに嫌うのはおかしいでしょうと思うんです。

聞いてると食わず嫌いともちょっと違うみたいだし。

そういうことを今日タピオカを飲みながら改めて考えてた。

 

 

 

未知のものへの、未知だということを根拠とする攻撃の態度が私は嫌なんだなって。

 

 

理性と誠実さを欠いたものだから。

 

 

いま本当に思っていて、友達にも折に触れて言ってることだけど、誠実で親切で明るいこと、これ以上に大事なことってないですよね。

 

 

 

面白かったりセンスが良かったりいろんなことを知ってるとかってことを、誠実で親切で明るいことと同じくらいかそれ以上に、少し前までは重視してたように思う。

 

 

 

面白いとかセンスがいいとか知識があることももちろん完全に良いことだしそういう人間が好きだ。

 

 

 

でもそんなことは個性とか性格の問題であって、誠実で親切で明るいってことはそれよりも重要というか、質的にも異なって大切なことだ。

 

 

 

誠実で親切で明るい人間になりたいと強く思っている。

 

 

 

 

私は誠実だとは言えない。誠実であろうと強く思う気持ちはあるので、誠実でなさを誇るよりは遥かに良いとは思ってる。でもやっぱり誠実だとは言えない。

 

 

親切ではある。少なくともそう思う。

 

 

明るいかどうかは、人は相手によってペルソナ的な意味で態度を変えるので一概に言えない。

でも本質がめちゃくちゃに暗い人間なので、実際よりは明るく見せることができてるだろうって意味で、明るくある努力をしているとは言える。

明るいかどうかは別として、明るくあるのは意志の問題だから。

 

 

 

誠実であろうとしていて、親切で、明るくあろうとしている人間。

 

 

 

誠実さを考えていると他人を手段ではなく目的として扱うべきだっていうカントの思想が浮かぶ。

 

 

そういえば今年の書き初めは、字面もいいし良いかな〜と思って「真善美」にしたんだった。

 

 

これはさっきから書いてる誠実で親切で明るいこととは違うけど、人間としての良さを求めがちって意味でギリシャらへんももうちょっと勉強すると楽しいかも。

 

 

学ぶべきことはあまりに多く、しかしおそらく院には行かないし行かせてもらえない。

 

 

 

長くなってきたので終わりましょう。

 

 

 

 

2019.08.03 22:38

『独白するユニバーサル横メルカトル』平山夢明

 

 

 

 

この作品はだいぶ昔に読んでて、今も好きだし最近も一部読み返した。でもなぜ今になって前に読んだ本を書くかっていうと、『DINER』が公開されたから。

 

前から読んでたよって言いたいんです。

 

 

 

私が平山夢明を知ったのはこのミス(このミステリーがすごい!の、今調べたら2007年度ですね)に載ってたからだから、そんな古参ぶれることもないんだけど。

 

 

 

 

これを読んだ小学生時代には、作家について調べるってことをしてなかったから平山夢明に対して「こんな作風だし図書館に二冊しかないし超マイナー作家だろうな〜」と思ってて、そのイメージが今でも残ってた。

 

 

だから主演が藤原竜也の演出は蜷川実花、バンバン広告打って全国配給ってそんなのヘルタースケルターじゃんって。びっくりした。

  

 

 

平山夢明小林泰三江戸川乱歩と並んで好きな猟奇系というかホラー系作家の1人だ。

 

 

ジャック・ケッチャムも一時期好きだったけど読まなくなった。たぶん読んでてあまりにしんどくなるから。

 

 

この作品は短編集なんだけど、『Ωの晩餐』と『オペラントの肖像』が特に良かったかな。あと今ぱらっと『卵男』を読み返してゆで卵が食べたくなったので食べました。

 

 

特筆してこのシーンがいい!とか、設定もSFとしてはよくある感じのものが多いからこの設定が熱い!みたいなのはない。だけどちょうどいい長さでちょうどいい感じにSFっぽくてちょうどいい感じに描写がエグい。質はちょうどいいじゃなくてとってもいい、良くできてる作品ばかり。めっちゃ褒めるね。

 

 

 

なんとなくホラーとか書く人って他のジャンルと比べて、文体というか読んでて感じる文章の雰囲気があんまり作品によって変わらないような気がする。

 

 

 

でも平山夢明は結構変わる感じがして、この短編集の中でも『無垢の祈り』と『ニコチンと少年』はちょっと似てるけど、その2つと『卵男』と『Ωの晩餐』(この2つもちょっと似てる)は大分雰囲気が違う。

 

 

 

 

それがいいって訳でも悪いって訳でもなくて、ただ雰囲気変わるなーってだけなんだけど。

 

 

『DINER』の方はね、食べ物の描写と表紙のハンバーガーがめっちゃ美味しそうだったことくらいしか覚えてないんだよね。今手元にないし。

 

 

CMでこのスフレを食べるために生きてるみたいなこと言ってるけど、スフレに関しては本当に出てきた記憶すらない。

 

 

最近友達とも話してたことだけど、本読んだり勉強しても全部忘れるから本当に意味ないよねって思う。

 

その友達もいっぱい本読む子だから、読書や読書する人への悪口ではなくて、本当にただ全部忘れるから意味とかはもう求めない方がいいんじゃないかって。

それだけのことなんだけど。

 

 

日記とかメモとか、こうやってブログに書くことで多少は忘れないようになるかもしれない。

でもよく考えてみたら別にどうしても忘れたくない訳でもないんだよね。

 

 

本読んでこの本面白かったなーとか、勉強してこの人の主張面白いなーとか、こういう反論もできるんじゃないかなーとか、考えること自体が楽しかったり価値があるからやってるのかなと思う。

 

 

人と話すときに最近こんな本を読んだとか、こういうことを考えてるとか言えた方が楽しいから直近のことくらいは覚えていたいけど。

 

でもそれでいうと、前に読んだ本とか考えてたこともちゃんと覚えておいて、比べられたり順序立てられたりする方が楽しいな。

 

 

 

やっぱり覚えていた方が良さそうですね。このブログももうタイトルだけ記録していくくらいの使い方でバンバン書いていこうとはずっと思ってるんですが。

 

 

 

なんだかここ最近、自分を外に発信していくことに若干の抵抗がある。

 

 

 

直接の会話やLINEではそんなことはないんだけど、Twitterやブログやあとインスタのストーリーにためらいがある。

 

なんでなのかここのところ考えてたんだけど、自分は常に間違っているだろうなと思って(しまって)いることが大きいと思う。

 

 

前までも自分がいつも正しいとは思っていなかったけど、正解に近いものを出しているんじゃないかなとは思いながら暮らしていた気がする。

そう思わないとやってられないし。

 

 

そう思わないとやってられないなら今はやってられないな。

論理的にはそうだけど、でも今が特にやってられないかというとそうでもなくて、就活全く頑張れてないってことを除けば当社比では楽しく暮らしてる寄りの毎日。

 

 

ただ自分は常に間違っているだろう感だけはなんかあって、だから公開されるものにちょっと抵抗はある。

 

 

正しくあらねばならないみたいな思想は薄めの人間だとは思ってたんだけどな。

 

 

間違ってる感があるのはより良くしようみたいな気持ちに繋がる気もするけど、焦燥感はちょっとストレスだから、早めになんとかしたい。

 

 

 

そういうのに詳しい人いたら教えてください。自分が常に間違ってるだろうって感覚に詳しい人なんているのかはわからないけど。

 

2019.07.30 22:17

『愛がなんだ』

 

 

 

なんかめっちゃ話題になってたよね。

 

 

先にこれを観た友達が感想として、そんな好きじゃないけど感想を言い合いたいって言ってた。

 

 

そこまで観たいと思ってなかったけど、感想言いたくなる映画観て感想言いまくりたいなって気持ちになったから観に行った。

 

 

 

前後の予定の影響で京都シネマっていう四条の映画館で観たんだけど、ここ大学生1000円だよすごいみんな行こうね。

 

 

観た感想としてはたしかに、めっちゃ面白いとかじゃないけど感想を述べるって体で自分の恋愛観とか遍歴を言いたくなっちゃう映画だと思う。

 

私はこう思うぞ〜〜!!ってなる。書かないけど。

 

 

最近『名探偵ピカチュウ』とか『スパイダーバース』とか高予算高品質みんな大好きアメリカ映画ばっかり観てたから、邦画のしっとり感とか気だるげな感じに戸惑いました。

 

 

恋愛ものはgossip girlを永遠に観てるし、テンションが違いすぎる。

 

 

https://www.cinema2d.net/entry/2019/05/17/110417

 

ちゃんとしたのはこの人がいいこと言ってるから読もう。

 

 

なんかちゃんと書いてあるブログ記事みると、このブログの生産性のなさが浮き彫りになりますね。

 

 

2019.05.21 11:58

『gossip girl』

 

シーズン1だけいま観終わった。

 

 

SATCが好きな人はこれも好きだと思う、私はSATC大好きなのでこれもめっちゃおもしろかった大好き。

 

 

このドラマはニューヨークのセレブの子どもが多い高校が舞台で、主要キャラにクラスの人気者枠のセリーナとボス枠のブレアっていう女の子と、王子様枠のネイトとボス枠のチャックって男の子がいる。

 

 

 

このセリーナとブレアがめちゃくちゃに可愛いからみんな本当に、ちょっとだけでも観てみてほしい。

気に入らなかったらやめればいいから。

 

 

 

2人とももう顔がめちゃくちゃ可愛いのに、いつもめっちゃ可愛い服着てるし、すぐパーティするからめっちゃ可愛いドレスをばんばん着ててもうそれだけで面白い。

 

 

あとチャックがいけすかない奴枠のはずなのに、めちゃくちゃかっこいい。

 

 

途中から本当にチャックが大好きになっちゃってチャックがかっこいい顔する度に声出てた。

 

 

 

あんまり俳優とか詳しくなくて演技の巧拙も結構本気でわからんなと思って生きてるんですが、チャックはこれがもしかして?演技が上手い?ってこと?って思うくらい良かった。

 

 

プレイボーイでいろんな女の子にどんどん手は出していくんだけど、チャックは毎回ちゃんと没入顔をするというか、完全に君に夢中ですって雰囲気で迫っててすごくエロい。

 

 

 

プレイボーイだし悪い男だから全員に本気なわけでは全くない。

 

気が多いから毎回本気だけど結果的に手数が多いとかじゃなくて、本当に軽くどんどん手を出す。

 

 

 

なのにちゃんと君に夢中です雰囲気を出せるのは天賦のものなのか、計算でやってるのか。

 

 

チャック本当にかっこいい好き。

 

 

 

このただでさえ魅力も色気もどばどばなチャックが、シーズン1の半ばあたりでブレアを本気で好きになっちゃう絶対良いじゃんそれって展開があった。

それ以降がなんか愛を知った怪物感みたいな、観たらわかると思うけど説明しにくい、とにかくめっちゃ良い構成要素が加わって、あり得ないくらいかっこよくなる。

 

 

後半は本当にチャックが出てくるのを心待ちにしてた。ダンらへんのヴァネッサとかジョージーナとかのゴタゴタ別にいらんから。チャックの話をしようよ。してよ。

 

 

 

女キャラのなかでは誰が好きか人によってそれぞれだと思うけど、男キャラはシーズン1の時点では圧倒的チャックだった。

 

 

この感想は私がチャック大好きだからなのか、実際にチャックが圧倒的にかっこよく描かれてるからなのか。

みんな観て推しを教えてね。

 

 

2019.5.13 6:45

『タルトタタンの夢』近藤史恵

 

 

この『タルトタタンの夢』は、続編というかシリーズ作品として、『 ヴァン・ショーをあなたに』と『マカロンはマカロン』の二作品がある。

 

 

この『タルトタタンの夢』は聞いたことのあるタイトルが古本屋で安めに売られてたから、適当に買った本だった。そのまま適当に読んでたけど、すごく良かった。

 

 

児童書なのかなと思うくらい読みやすい文体とストーリーだけど、美味しいものを食べて生きていかないとなってモチベがめっちゃ湧く。

 

 

それに三作品通して、いわゆる「人の死なないミステリー』としてのほのぼの謎解きが無理なく面白く展開されててすごくいい。

 

 

短くて面白いのが一番優れてるでしょって思想があるから、短編を重ねていくスタイルのこの短編集がハマったってだけかもしれないけど。

 

 

 

普通に面白く読めたので、とりあえず『タルトタタンの夢』は見かけたら買いです。

 

 

 

続きはまあ気に入ったらでいいんじゃないですか。

 

 

 

2019.4.30 02:13

『医学生』南木佳士

 

 

南木佳士は高三の秋くらいかな、京大の過去問で天地有情のエッセイが出題されてて初めて知った作家だった。

 

 

 

前にどの記事かは忘れたけどこの天地有情がすごく良くて救いになったってことは書いたと思う。

 

 

 

だから南木佳士読も!!って思ってたけど、実はあんまり読めてなかった。

 

 

Amazonの中古出品が意外にこれが読みたい!!って作品があるときには使えるなって気づいて本を爆買いしたときに、南木佳士を3冊?かな?買って読んだ。

 

 

 

阿弥陀堂だより』の方が好きだったからそっちをタイトルにした方が良かったかな。まあいいや。

 

 

これを読んで一番思ったのは、思考とか好みとかがふわふわした人間だからこそ、実学を学ぶべきだったなぁってこと。

 

 

 

最近友達(さよちゃん)とも言ってたことだけど、鬱傾向がそれなりにあって基本の生活が辛い人間はせめて他の人間の役に直接的に立って、そこに存在意義を見出していかないとなって思う。

 

せめて工学部とかに行って、インフラ整備した方が良かったなって。

 

 

 

 

哲学とかもう意味ないんだ。知らん知らん。

 

 

 

 

北海道にただの旅行だけど行ったときに、めちゃくちゃ思ったけど道路作るのは重要なことだなって。

 

 

作っては古くなってまた張り直さないといけなくて、でも作り直したら数多くの人が快適で、それってめちゃくちゃ救いじゃないですか。

 

 

 

世界の進行は直線的じゃなくて循環してるから、私が文明を維持するぞって、思いたい。

 

 

 

いまの私になにができるんだ。役に立つことと言えば、つけめんを食べるかまぜそばを食べるか聞くくらいしかしていない毎日だ。

 

 

 

美味しい食べ物を食べさせるってことは他人に幸福を提供することで、根源的な生きる意味に繋がるなってことは、いまのバイトを始めてから思ったけど。

 

 

 

それをずっとやってはいけないなとは思うし。

 

 

 

リスクを取りたくないし。

 

 

 

他利的な意味ではなく本当に利己的な意味でも、他人を幸せにすることは意味のあることだとは思う。

 

 

このことがわかったのは意味のあることだとは思うけど、他利を実感できる職業は大抵賃金が安い。

 

 

 

だけど私は美味しい、その分高いご飯を食べてお酒を飲みたいし、ブランディングにめちゃくちゃお金使ってるだろって店で服を買いたいし、広くて綺麗な住みやすい部屋に住みたい。

 

 

 

自分が幸せになりたいっていう利己的な欲望には、他人を幸せにすることが必要で、それはけっこうしんどい。

 

 

 

2019.4.30 1:19

『おやすみプンプン』浅野いにお

 

複数性。

 

 

人間の条件だしね。

 

 

わかるけど難しいんだよなあ。

 

 

私が子供を産んだら諦めたんだなと思って、でも思うだけで言わないでほしい。

 

 

こんなことをベタだとも言わずに聞き流してくれた友達はもう遠い。

 

 

1人暮らしに耐性がつかない。

 

 

2019.03.20 21:08