良い日記

書き散らかす

『ハーモニー』伊藤計劃

 

 

ついさっき同じ学部の全く話したことのない子のTweetで今日が伊藤計劃没後10年なのを知った。

 

 

だからなんだって話だし別に悲しいとかじゃないけど、へえーって。

 

 

例えば私の好きな作家で、誰でもいいんだけど山田詠美とかが没後10年って言われても意味は感じない。

 

 

でも伊藤計劃は夭折で死ぬ間際までこの作品書いてたみたいなエピソードがある作家だから、作家本人の死になんとなく意味があるのかな。

 

 

虐殺器官』がおどろおどろしい名前のわりになんか人文系よりなSFで、めーっちゃ面白かったから『ハーモニー』も読んでみた。

 

 

こっちも悪くないというか普通に面白かったけど、『虐殺器官』のほうがそこそこの差をつけて面白かったな。

 

 

 

だからたぶんこっちはブログにも書いてなかったのかな。

面白かったら書くわけでもなくて書きたかったら書いてるだけだからわからないけど。

 

 

本当は全部書きたいんだけどね。読んだ本の内容どころかタイトルも読んだそばからほぼ忘れるから。

 

 

前は小さめのノートにタイトルと作者と読んだ日と3行くらいの感想を書いてたんだけど、それはほとんど全部書いてたからそっちの方がいいのかも。

 

 

いまはたぶん3割も書いてない、つまり7割は読んだかどうかすら忘れる。

 

 

ブクログとかも一瞬やってみてたんだけどね、いま見てみたら5冊しか登録してないや。

 

 

今回は舞台が人口が減っちゃったから人が1番の資源で相互監視の健康重視社会だった。

 

砂漠で酒とタバコを法の目を潜りまくって入手するシーンがあった。

 

言われ尽くしてることだけど、酒とタバコおっけーなの奇跡だよね。

 

 

2019.03.20 22:37

『涼宮ハルヒの消失』京アニ

 

 

涼宮ハルヒの憂鬱』は『涼宮ハルヒの消失』のためにあったんですね。

 

 

いや『涼宮ハルヒの憂鬱』もめっちゃ良かったけど。

 

エンドレスエイトとか存在は知ってたけど、思ってたほどエンドレスじゃなかったからそんなに飽きずに観れたし面白かった。

 

キョンたちも繰り返しに気付いてくれるなら全然観れるでしょ。

いま書いてから気付いたけど、そうなんですね、ハルヒ以外のみんなが繰り返しに気付いてくれるし、なんなら長門は私たち以上に繰り返しを認識してくれてる。

だから観れるんですね。

まあリアルタイムで観てたわけじゃないから、8週間の長さは感じられてないけど。

 

 

 

映画編の最後のキョンハルヒを怒るシーンの、ハルヒの不機嫌顔の表現がめちゃくちゃ綺麗だった。

 

 

文化祭も良かったね〜。平野綾歌上手い。ハルヒなんかめちゃくちゃまともな子じゃない?

普段キョン視点だからやばい奴にみえてるけど、自分の能力を活かしながら楽しく高校生活送ってるだけじゃない?

 

 

 

めちゃおもろ作品の『涼宮ハルヒの憂鬱』で、もうSOS団と団員たちへの愛着がめちゃくちゃ生まれてしまってるから、作り変えられた世界で本当にキョンに移入して焦ることができる。

 

 

キョンやれやれしてるけど、焦ると全く客観視できない感じでかわいいよね。朝比奈さんに縋るとことか。

 

 

 

観てて途中で本来の長門はこれで、ハルヒが宇宙人あれと願ったから宇宙人になってたんだなって気がしちゃってたけど、どうなんだろ。

 

 

最終的に本来の長門は宇宙人の長門で、バグって改変して文芸部の長門になったってことだったけど、ハルヒが宇宙人あれと願わなかった場合の世界の長門ハルヒが力を持たない今回の異世界長門は同じな気がするから、やっぱり本来の長門は文芸部の長門なの?

 

 

ちょっと観終わったばっかだしこんな時間だからわからなくなってきた。

 

 

それにしても面白かった。

やれやれ系学園ラブコメの正解出てるのになんで新しいのがまだ生まれてるんだろ。

 

 

最後らへんのキョンが2人になって自問自答するシーンで、やれやれ系主人公へのアンサーも出ちゃってるし。

 

 

化物語もちょっと観たけどあららぎさんが嫌いすぎてやめちゃって、好きな友達が大好きな作品でも面白くないしやっぱアニメは合わんなと思ってた。

 

面白かったのが嬉しい。

 

 

めだかボックス』は大好きだし、物語シリーズも小説で読んだら好きだったのかなとも思うけど。

 

 

 

やっぱラノベっておもしろいよね。俺妹とバカテスしかちゃんと読んでないけど。

 

SAOとかリゼロとか、あんまりラノベ読まない私でも知ってるようなのはどうせ面白いから読もうかな。

 

 

SF好きなんだから嫌いなわけないでしょうよ。

 

 

アニメおもしれ〜の波も来てる気がするからどんどん観ちゃお。

 

2019.03.20 04:36

『御不浄バトル』羽田圭介

 

 

羽田圭介けっこう好きなんです。

 

 

 

作品も好きだし顔がね、すごく良いよね。

 

 

 

でもこの本はそこまでだったかな。

解説は古市憲寿が書いてたけどこれはよかった。

 

 

通勤途中にある綺麗なトイレの争奪戦と、排便やいわゆる便所飯の描写は面白かった。

 

けどそれ以外のところ、恋人も会社もダッチワイフもなんとなく入れといた感があった。

 

 

 

短編でよかったんじゃないかな。

 

 

 

そんな無理にトイレ以外の世界を広げないほうがよかったかも。

 

 

 

『黒冷水』と『スクラップ・アンド・ビルド』はめっちゃ好きなのでみんな気が向いたら読んでみてね。

 

2019.3.05 17:29

『風の歌を聴け』村上春樹

 

後輩が読んでて読もうかなと思ってた本。

 

 

散歩してたら古本屋で100円だったから買って帰った。

 

 

軽くふわっと読めるし今まで読んだ村上春樹の作品のなかでは好きかな。

 

 

僕と鼠が各場面でビールをぐいぐい飲むから、ビールをぐいぐい飲みたくなる。

ビールって好きだけど食べ物と合わせて飲むものって気がしてた。

 

夏になったらビールだけでぐいぐい飲もうと思った。

 

 

ビールを半ダース買って海に行って飲むの楽しそう。

 

 

岩屋のあたりの海辺なら歩いていけるけど、砂浜が欲しい気がするから須磨かな。

 

 

 

一昨日くらいに小川洋子の『薬指の標本』を読んだ。そういえばこの本は薬指の先がない女の子が出てきたけど、今度は小指がない女の子だった。

 

 

指が一本無いってちょうどよく異質な感じがしていいね。だからフィクションには多いのかな。

 

 

 

2019.3.4 04:53

『シュガータイム』小川洋子

 

 

長野で他人の本棚から勝手に読んで、続きが読みたくて買っちゃった本。

 

 

 

友達の家族が持ってる山小屋にあった本だから、他人って言っちゃうとよそよそし過ぎるかな。

 

 

 

人の本棚を見るのがすごく好きだから、チャンスがあれば真っ先に見てしまう。

 

 

冷蔵庫やクローゼット、引き出しなんかは開けちゃだめだけど、本棚はじろじろ見ても大丈夫だからありがたい。

 

 

だめってことにはならないでほしいな。

 

本棚なんてどの引き出しよりも私的な領域だと思うけど。

 

 

 

 

 

小川洋子は『博士の愛した数式』しか読んだことがなかった。

 

 

『シュガータイム』ってタイトルは小川洋子より山田詠美とかに似合いそうだなと思いながら5ページくらい読んだ。

 

 

全体のストーリーは『博士の愛した数式』の小川洋子が書きそうな、想像通りの進み方だった。

 

 

でもそのときに読んだ、最初の5ページの食欲や食べ物の描写があまりにも印象的だった。

 

 

 

なにもかもを胃の中に収めてしまいたくなる衝動。

これが食べたいと思って他のことが考えられなくなること。

食べたいという気持ちを満たすために費やされた時間を考えたときに感じる虚無感。

 

 

 

共感した。こういうことはよくあるし、こんな状態が程度の差こそあれ私の生活にはずっとあった。

 

 

私はたくさんのものを食べることができる。

同じものはあまりたくさんは食べられないけど、種類が変わったり少しだけでも時間が経ったらどれだけでも食べられる。

 

 

特に女の子と長い時間続けて一緒にいると、相手の腹具合を推し量って、自分の腹具合を申告することになる。

 

自分のお腹は昼ごはんをいっぱい食べたあとすぐでもおやつを受け付けてしまうから、おやつを食べたあとすぐでもタピオカを飲めるから、そのあとでもボリュームのある夜ご飯を食べられるから。

 

 

たぶん相手は、今はお腹がいっぱいで食べ物を食べたくないだろう。

 

 

たぶんいまおやつを食べてしまうと、あんまりボリュームのある夜ご飯は食べたくなくなるだろう。

 

 

このあとはカフェに行く予定だけど、すぐに言ってしまうと苦しいだろうから、少し歩いたり時間をおいた方がいいだろう。

 

 

 

お腹もすごく強いから胃もたれや、胃が疲れてるみたいな感覚は本当にわからないし、冷たい牛乳をどれだけでも飲めるし、焼肉も基本はあんまり焼かないほうが美味しいと思う。

 

 

朝からそんなに食べられない、みたいな感覚も本当にわからない。

 

 

 

パクチーしか嫌いな食べ物はなくて、好きな食べ物は挙げていくとキリがない。

 

 

 

こんなに食べ物を食べるのに適した人間も珍しいと思う。

 

 

 

好きなときに好きなように好きなものを食べていると、常人の3倍は食べてしまうから、すぐに太ることができる。

 

 

 

主人公は突然のものすごい食欲に戸惑い恐怖するが、なぜか体重はベスト体重から1gだって増えない。

 

ここを読んだときに一旦共感が切れた。

 

 

 

異常な食欲が肥満に繋がっちゃったら、たしかに作品の雰囲気は一気に暗くなるよね。

 

 

 

異常な食欲とともに生きつつ、恋人や家族との関係なんかの状況の変化で、描き切られないが最後には回復していきそうな気配を残して作品は終わる。

 

 

でもこの作品に、主人公の食欲に共感した、食べたら普通に太る私の救済は、どこにあるんだ。

 

 

2019/02/27 00:34

 

 

 

追加

お腹がめっちゃ強いって書いたけど、そういえば生キャベツをいっぱい食べた時だけなんかちょっとお腹が気持ち悪くなります。

最近春キャベツ安くてめっちゃ美味しいのでいっぱい食べてたらなって思い出しました。

なんなんだろこれ?

 

2019.3.5 20:19

『1984』ジョージ・オーウェル

 

 

大橋先生が講義中に無数に挟んでくる、「君たちいま僕が言ったことわかるよね?」みたいな小ネタにビッグブラザーの名前が出てきた。

 

 

そういえば初夏くらいの時期に読んだけど、書いてなかったなって。

 

 

他の記事でも書いたかもしれないけど、名作とされてる作品って読んだ直後は期待が大きすぎて、そんなに評価されるほどは面白くないなって思ってしまう。

 

 

でもなんか記憶に残る要素っていうか、生きててああこれかってなるよね。

電気羊のシンパシーボックスがじわじわ度は今のところ1番なんだけど。

 

 

作中でよく出てくる「ビッグブラザーはあなたを見ている」って標語がある。

 

 

 

ビッグブラザーっていうのが、毛沢東レーニンヒトラーなんだけど、この見られてる感っていうのは支配被支配関係にすごく関わってくる。

 

 

これは確かにね〜すごいね〜と思ってた。

 

 

でもこの前宮下先生の美術史学の講義で社会主義芸術の話によると、この見られてる感での支配はよくあることらしい。

 

 

スターリンなんかも自分の写真ばしばし飾って、なんか各家庭に1枚配って1番いい場所に飾るのが義務だったらしいし。

 

 

 

毛沢東とかもめちゃ大きいの飾ってるよね天安門とかに。

 

 

 

聞いたときちょっとジョージオーウェルすごいなと思ったけど、冷静に考えたら1984が後だね。

 

 

 

良いフィクション書くにはいろんな知識が要るんだね〜。

 

 

2018.12.27 23:54