良い日記

書き散らかす

『愛がなんだ』

 

 

 

なんかめっちゃ話題になってたよね。

 

 

先にこれを観た友達が感想として、そんな好きじゃないけど感想を言い合いたいって言ってた。

 

 

そこまで観たいと思ってなかったけど、感想言いたくなる映画観て感想言いまくりたいなって気持ちになったから観に行った。

 

 

 

前後の予定の影響で京都シネマっていう四条の映画館で観たんだけど、ここ大学生1000円だよすごいみんな行こうね。

 

 

観た感想としてはたしかに、めっちゃ面白いとかじゃないけど感想を述べるって体で自分の恋愛観とか遍歴を言いたくなっちゃう映画だと思う。

 

私はこう思うぞ〜〜!!ってなる。書かないけど。

 

 

最近『名探偵ピカチュウ』とか『スパイダーバース』とか高予算高品質みんな大好きアメリカ映画ばっかり観てたから、邦画のしっとり感とか気だるげな感じに戸惑いました。

 

 

恋愛ものはgossip girlを永遠に観てるし、テンションが違いすぎる。

 

 

https://www.cinema2d.net/entry/2019/05/17/110417

 

ちゃんとしたのはこの人がいいこと言ってるから読もう。

 

 

なんかちゃんと書いてあるブログ記事みると、このブログの生産性のなさが浮き彫りになりますね。

 

 

2019.05.21 11:58

『gossip girl』

 

シーズン1だけいま観終わった。

 

 

SATCが好きな人はこれも好きだと思う、私はSATC大好きなのでこれもめっちゃおもしろかった大好き。

 

 

このドラマはニューヨークのセレブの子どもが多い高校が舞台で、主要キャラにクラスの人気者枠のセリーナとボス枠のブレアっていう女の子と、王子様枠のネイトとボス枠のチャックって男の子がいる。

 

 

 

このセリーナとブレアがめちゃくちゃに可愛いからみんな本当に、ちょっとだけでも観てみてほしい。

気に入らなかったらやめればいいから。

 

 

 

2人とももう顔がめちゃくちゃ可愛いのに、いつもめっちゃ可愛い服着てるし、すぐパーティするからめっちゃ可愛いドレスをばんばん着ててもうそれだけで面白い。

 

 

あとチャックがいけすかない奴枠のはずなのに、めちゃくちゃかっこいい。

 

 

途中から本当にチャックが大好きになっちゃってチャックがかっこいい顔する度に声出てた。

 

 

 

あんまり俳優とか詳しくなくて演技の巧拙も結構本気でわからんなと思って生きてるんですが、チャックはこれがもしかして?演技が上手い?ってこと?って思うくらい良かった。

 

 

プレイボーイでいろんな女の子にどんどん手は出していくんだけど、チャックは毎回ちゃんと没入顔をするというか、完全に君に夢中ですって雰囲気で迫っててすごくエロい。

 

 

 

プレイボーイだし悪い男だから全員に本気なわけでは全くない。

 

気が多いから毎回本気だけど結果的に手数が多いとかじゃなくて、本当に軽くどんどん手を出す。

 

 

 

なのにちゃんと君に夢中です雰囲気を出せるのは天賦のものなのか、計算でやってるのか。

 

 

チャック本当にかっこいい好き。

 

 

 

このただでさえ魅力も色気もどばどばなチャックが、シーズン1の半ばあたりでブレアを本気で好きになっちゃう絶対良いじゃんそれって展開があった。

それ以降がなんか愛を知った怪物感みたいな、観たらわかると思うけど説明しにくい、とにかくめっちゃ良い構成要素が加わって、あり得ないくらいかっこよくなる。

 

 

後半は本当にチャックが出てくるのを心待ちにしてた。ダンらへんのヴァネッサとかジョージーナとかのゴタゴタ別にいらんから。チャックの話をしようよ。してよ。

 

 

 

女キャラのなかでは誰が好きか人によってそれぞれだと思うけど、男キャラはシーズン1の時点では圧倒的チャックだった。

 

 

この感想は私がチャック大好きだからなのか、実際にチャックが圧倒的にかっこよく描かれてるからなのか。

みんな観て推しを教えてね。

 

 

2019.5.13 6:45

『タルトタタンの夢』近藤史恵

 

 

この『タルトタタンの夢』は、続編というかシリーズ作品として、『 ヴァン・ショーをあなたに』と『マカロンはマカロン』の二作品がある。

 

 

この『タルトタタンの夢』は聞いたことのあるタイトルが古本屋で安めに売られてたから、適当に買った本だった。そのまま適当に読んでたけど、すごく良かった。

 

 

児童書なのかなと思うくらい読みやすい文体とストーリーだけど、美味しいものを食べて生きていかないとなってモチベがめっちゃ湧く。

 

 

それに三作品通して、いわゆる「人の死なないミステリー』としてのほのぼの謎解きが無理なく面白く展開されててすごくいい。

 

 

短くて面白いのが一番優れてるでしょって思想があるから、短編を重ねていくスタイルのこの短編集がハマったってだけかもしれないけど。

 

 

 

普通に面白く読めたので、とりあえず『タルトタタンの夢』は見かけたら買いです。

 

 

 

続きはまあ気に入ったらでいいんじゃないですか。

 

 

 

2019.4.30 02:13

『医学生』南木佳士

 

 

南木佳士は高三の秋くらいかな、京大の過去問で天地有情のエッセイが出題されてて初めて知った作家だった。

 

 

 

前にどの記事かは忘れたけどこの天地有情がすごく良くて救いになったってことは書いたと思う。

 

 

 

だから南木佳士読も!!って思ってたけど、実はあんまり読めてなかった。

 

 

Amazonの中古出品が意外にこれが読みたい!!って作品があるときには使えるなって気づいて本を爆買いしたときに、南木佳士を3冊?かな?買って読んだ。

 

 

 

阿弥陀堂だより』の方が好きだったからそっちをタイトルにした方が良かったかな。まあいいや。

 

 

これを読んで一番思ったのは、思考とか好みとかがふわふわした人間だからこそ、実学を学ぶべきだったなぁってこと。

 

 

 

最近友達(さよちゃん)とも言ってたことだけど、鬱傾向がそれなりにあって基本の生活が辛い人間はせめて他の人間の役に直接的に立って、そこに存在意義を見出していかないとなって思う。

 

せめて工学部とかに行って、インフラ整備した方が良かったなって。

 

 

 

 

哲学とかもう意味ないんだ。知らん知らん。

 

 

 

 

北海道にただの旅行だけど行ったときに、めちゃくちゃ思ったけど道路作るのは重要なことだなって。

 

 

作っては古くなってまた張り直さないといけなくて、でも作り直したら数多くの人が快適で、それってめちゃくちゃ救いじゃないですか。

 

 

 

世界の進行は直線的じゃなくて循環してるから、私が文明を維持するぞって、思いたい。

 

 

 

いまの私になにができるんだ。役に立つことと言えば、つけめんを食べるかまぜそばを食べるか聞くくらいしかしていない毎日だ。

 

 

 

美味しい食べ物を食べさせるってことは他人に幸福を提供することで、根源的な生きる意味に繋がるなってことは、いまのバイトを始めてから思ったけど。

 

 

 

それをずっとやってはいけないなとは思うし。

 

 

 

リスクを取りたくないし。

 

 

 

他利的な意味ではなく本当に利己的な意味でも、他人を幸せにすることは意味のあることだとは思う。

 

 

このことがわかったのは意味のあることだとは思うけど、他利を実感できる職業は大抵賃金が安い。

 

 

 

だけど私は美味しい、その分高いご飯を食べてお酒を飲みたいし、ブランディングにめちゃくちゃお金使ってるだろって店で服を買いたいし、広くて綺麗な住みやすい部屋に住みたい。

 

 

 

自分が幸せになりたいっていう利己的な欲望には、他人を幸せにすることが必要で、それはけっこうしんどい。

 

 

 

2019.4.30 1:19

『おやすみプンプン』浅野いにお

 

複数性。

 

 

人間の条件だしね。

 

 

わかるけど難しいんだよなあ。

 

 

私が子供を産んだら諦めたんだなと思って、でも思うだけで言わないでほしい。

 

 

こんなことをベタだとも言わずに聞き流してくれた友達はもう遠い。

 

 

1人暮らしに耐性がつかない。

 

 

2019.03.20 21:08

『ハーモニー』伊藤計劃

 

 

ついさっき同じ学部の全く話したことのない子のTweetで今日が伊藤計劃没後10年なのを知った。

 

 

だからなんだって話だし別に悲しいとかじゃないけど、へえーって。

 

 

例えば私の好きな作家で、誰でもいいんだけど山田詠美とかが没後10年って言われても意味は感じない。

 

 

でも伊藤計劃は夭折で死ぬ間際までこの作品書いてたみたいなエピソードがある作家だから、作家本人の死になんとなく意味があるのかな。

 

 

虐殺器官』がおどろおどろしい名前のわりになんか人文系よりなSFで、めーっちゃ面白かったから『ハーモニー』も読んでみた。

 

 

こっちも悪くないというか普通に面白かったけど、『虐殺器官』のほうがそこそこの差をつけて面白かったな。

 

 

 

だからたぶんこっちはブログにも書いてなかったのかな。

面白かったら書くわけでもなくて書きたかったら書いてるだけだからわからないけど。

 

 

本当は全部書きたいんだけどね。読んだ本の内容どころかタイトルも読んだそばからほぼ忘れるから。

 

 

前は小さめのノートにタイトルと作者と読んだ日と3行くらいの感想を書いてたんだけど、それはほとんど全部書いてたからそっちの方がいいのかも。

 

 

いまはたぶん3割も書いてない、つまり7割は読んだかどうかすら忘れる。

 

 

ブクログとかも一瞬やってみてたんだけどね、いま見てみたら5冊しか登録してないや。

 

 

今回は舞台が人口が減っちゃったから人が1番の資源で相互監視の健康重視社会だった。

 

砂漠で酒とタバコを法の目を潜りまくって入手するシーンがあった。

 

言われ尽くしてることだけど、酒とタバコおっけーなの奇跡だよね。

 

 

2019.03.20 22:37

『涼宮ハルヒの消失』京アニ

 

 

涼宮ハルヒの憂鬱』は『涼宮ハルヒの消失』のためにあったんですね。

 

 

いや『涼宮ハルヒの憂鬱』もめっちゃ良かったけど。

 

エンドレスエイトとか存在は知ってたけど、思ってたほどエンドレスじゃなかったからそんなに飽きずに観れたし面白かった。

 

キョンたちも繰り返しに気付いてくれるなら全然観れるでしょ。

いま書いてから気付いたけど、そうなんですね、ハルヒ以外のみんなが繰り返しに気付いてくれるし、なんなら長門は私たち以上に繰り返しを認識してくれてる。

だから観れるんですね。

まあリアルタイムで観てたわけじゃないから、11週間?だっけ?の長さは感じられてないけど。

 

 

 

映画編の最後のキョンハルヒを怒るシーンの、ハルヒの不機嫌顔の表現がめちゃくちゃ綺麗だった。

 

 

文化祭も良かったね〜。平野綾歌上手い。ハルヒなんかめちゃくちゃまともな子じゃない?

普段キョン視点だからやばい奴にみえてるけど、自分の能力を活かしながら楽しく高校生活送ってるだけじゃない?

 

 

 

めちゃおもろ作品の『涼宮ハルヒの憂鬱』で、もうSOS団と団員たちへの愛着がめちゃくちゃ生まれてしまってるから、作り変えられた世界で本当にキョンに移入して焦ることができる。

 

 

キョンやれやれしてるけど、焦ると全く客観視できない感じでかわいいよね。朝比奈さんに縋るとことか。

 

 

 

観てて途中で本来の長門はこれで、ハルヒが宇宙人あれと願ったから宇宙人になってたんだなって気がしちゃってたけど、どうなんだろ。

 

 

最終的に本来の長門は宇宙人の長門で、バグって改変して文芸部の長門になったってことだったけど、ハルヒが宇宙人あれと願わなかった場合の世界の長門ハルヒが力を持たない今回の異世界長門は同じな気がするから、やっぱり本来の長門は文芸部の長門なの?

 

 

ちょっと観終わったばっかだしこんな時間だからわからなくなってきた。

 

 

それにしても面白かった。

やれやれ系学園ラブコメの正解出てるのになんで新しいのがまだ生まれてるんだろ。

 

 

最後らへんのキョンが2人になって自問自答するシーンで、やれやれ系主人公へのアンサーも出ちゃってるし。

 

 

化物語もちょっと観たけどあららぎさんが嫌いすぎてやめちゃって、好きな友達が大好きな作品でも面白くないしやっぱアニメは合わんなと思ってた。

 

面白かったのが嬉しい。

 

 

めだかボックス』は大好きだし、物語シリーズも小説で読んだら好きだったのかなとも思うけど。

 

 

 

やっぱラノベっておもしろいよね。俺妹とバカテスしかちゃんと読んでないけど。

 

SAOとかリゼロとか、あんまりラノベ読まない私でも知ってるようなのはどうせ面白いから読もうかな。

 

 

SF好きなんだから嫌いなわけないでしょうよ。

 

 

アニメおもしれ〜の波も来てる気がするからどんどん観ちゃお。

 

2019.03.20 04:36